どんな働き方があるの?

これから看護師になる人の応援サイト

基本的に2交代制と3交代制があります

看護師の主な働き方には2交代制と3交代制があります。ここでは、その働き方の違いを説明していきます。

まず始めに、2交代制のシフトを組んでいる看護師のライフスタイルに迫ります。
2交代制の場合、勤務時間は日勤と夜勤のどちらかです。
日勤が9時から17時まで、夜勤が17時から翌朝9時までの勤務になります。
朝の9時までの労働は過酷に思えますが、朝の9時に勤務を終えればそのあと自由に過ごせる点が魅力です。
夜勤明けに買い物に行ったり、育児や家事に勤しんだりとプライベートな時間が多く取れるという特徴があります。
比較的体力に自信のある若い人やプライベートな時間が欲しいという人に向いる働き方です。
最近は多くの病院で、2交代制が主流となっています。

次に3交代制のシフトを組んでいる場合のライフスタイルを紹介します。
3交代制は、日勤、準夜勤、夜勤の3構成から勤務時間を選びます。
日勤が8時から16時、準夜勤が16時から24時、夜勤が24時から翌朝8時の勤務になります。
1回の勤務時間が8時間で、2交代制の夜勤の勤務時間よりも短いのが特徴といえます。
しかし「日勤の後にそのまま夜勤」のような過密なシフトを組まなければならない場合も少なくありません。
少し忙しいシフトになっても、一回の勤務時間が短いほうがいい、という人に向いている働き方です。
自分自身のライフスタイルや趣味に合わせた働き方を選ぶことが出来ます。
また結婚や育児などライフスタイルが変化しても、様々な働き方が選択出来るのが看護師の魅力です。

Comment

*